男性

オメガ3で健康体に一気に近づこう|素材の栄養満点

基礎代謝を高めて予防

手を温める人

夏も対策をしっかりと

冷え性になってしまう人は、夏でも対策を行なわなければ冬に身体が冷えて困ってしまう状態となりかねません。夏でも油断大敵です。しっかりと冷え性の対策を行なう必要があります。しかし、だからといって身体を温めるようなことをすると夏の暑い時期には堪えてしまい、熱中症になる可能性が高くなってしまいます。夏で行なうに良い方法は、基礎代謝を高めることです。基礎代謝を高めて普段から血の巡りを良くしていくことが必要です。しかし、基礎代謝を高めると発汗性が良くなり、汗をかきやすくなることからあまり基礎代謝を高めたくないという人も少なからず存在します。しかし八完成を悪化させると冷えの対象となるほか、夏でも夏ばての原因につながってしまいます。

人参で予防対策

基礎代謝を高めるために良い食材といえば、実は人参なのです。人参にはビタミンAとビタミンEが含まれています。ビタミンAは血液増加の働きがあり、ビタミンEは血行促進に効果があります。血の巡りが良くなることで身体が温かくなり、冷え性を予防させることができるようになります。その人参を最近ではスムージーにして飲む人が増えています。人参は美肌効果もあるということで摂取する人が増えてきたのですが、人参そのものを苦手とする人が多く、ほかのおいしいフルーツや野菜などのような食材を混ぜて作るスムージーで飲みやすくしたものが人気なのです。冷え性を改善させていきながら美容効果にもつなげていくことができる人参は、普段から摂取するのが良い食材なのです。